So-net無料ブログ作成
-| 2015年09月 |2015年10月 ブログトップ

【中野信子】の祈りの脳科学から「惰性」 [所感]

脳には、不思議な働きがあります。

脳は、いっぱいエネルギーを使います。
だから、省エネの機能があるのです。

脳の省エネとは、脳を使わないことです。

たとえば、毎日、習慣で行っていることは、
考えなくてもできます。

だから、考えないで、惰性で行います。

惰性では、脳は、気持ち良くなりません。
積極的に考えなければダメです。

では、でうすればよいのでしょうか。

朝は、成りたい自分、成し遂げたい目標について考えます。祈ります。

夜は、今日、何ができたのか、反省します。
明日、何ができるか考えます。

このように考えれば、毎日、少しづつ違ってきます。
小さな成功体験ができます。


Google
---------------------------------------------------------------------------
スポンサーリンク


---------------------------------------------------------------------------

小さな成功体験って、とても大事なことです。

メンタルブロックを御存知ですか?
自分で自分の限界を作ってしまうことです。

話し下手だから、営業はできないなあ、とか、
何年も英語勉強してきたのに、ちっともしゃべれないから、
自分に向いていないのかなあ、とか、
両親や先生に言われたことの中で暮らしてきたので、
自分の意見がない、やりたいこともない、
少しばらり学校の成績が良いだけ。

これでは、新しいことは、何もできないです。
そんな、もろもろのことを捨ててしまって、
頭の中をすっきりさせる必要があるのです。

なかな難しいです。

一番、分かりやすいのは、

1日を振り返って、良かったことを思いだすのです。
小さな成功体験。

これを繰り返すことによって、
何重にもなったメンタルブロックを、
一枚一枚、はがしてゆけるのです。











nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【中野信子】の祈りの脳科学から「社会脳」 [所感]

あなた、いい気持ちになりたいでしょう。

ともだちがいれば、時として、諍いが起こります。

仕事をしていれば、クレームをもらったり、
トゲトゲした言葉をかけられたり。

こころが、ささくれ立つことが多い世の中です。

しかし、

近年の脳科学の目覚しい発展の中で、
新たな潮流が流れ始めました。

【社会脳】という言葉を聞いた事がありますか。

なんか、ぴんと来ないですね。

爬虫類脳とかだったら、本能を司っている脳と、
どこかで聞いたことがあると思います。
Google
---------------------------------------------------------------------------
スポンサーリンク


---------------------------------------------------------------------------
社会脳。
社会の中でよりよく生きてゆくために、
活動する脳のことです。

具体的な例では、
街角で、道を聞かれて、
知っているところだったので、
正確に教えられた時、
ちょっと気持ち良くなります。
「ありがとう」と言われたら、
もっと嬉しくなります。

人に役にたったんだなあと。

その、気持ち良くなる働きが、社会脳の働きなのです。
気持ち良ければ、また、同じことをしたくなります。

ちょっと、学問的に記述すると、
「社会脳の働きは、本能的に他者を利する行動をとる」
ということです。

そして、驚くことには、人に役立つだけではなく、
何か良いことをすると、社会脳は、自分で自分を褒めるのです。

パートで疲れて帰ってくるお母さんの替わりに、
部屋の掃除をするとか、

電車で、お年寄りや、疲れている人に
席を譲ったりとか、

道端に落ちていたゴミを片付けたりとか、

人が見ている、見ていないに関係なく、
その行動が、褒められることなら、
社会脳が褒めてくれるのです。
気持ち良くさせてくれるのです。

これって、気持ちを前向きにさせますよね。

では、「祈る」ってどういことですか。
たいてい、人の為に祈ります。

病気の父が、早く元気になりますように。

去年、大学受験に失敗した彼。
今年は、志望校に受かりますように。

今年も一人ぼっちだったわたし。
来年は素敵な彼氏ができますように。

ただ、祈るだけではなく、
なにか、行動しましょう。

短い手紙を書いてみたり、
お守りをプレゼントしたり、
同窓会に出席したり。

「社会脳」の働きは、より住みやすい社会を作り出す働きがあります。

一体誰がこんな脳を仕込んだのでしょうか。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

-|2015年09月 |2015年10月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。