So-net無料ブログ作成
検索選択

【テクニック編】他人を操るテクニック [講座]

もし、他人を操ることができたら、
何をさせたいですか?

ある宗教団体は、強烈な体験をさせて、
信者を洗脳して来ました。

ある考えが、日常の考えになった時、
人は、その考えを疑うことをしなくなります。

実は、

私たちは、

気がつかないうちに、

洗脳されているのです。

今、している仕事は、自分で選択したのですか?
志望校は、自分で決めたのですか?

親、学校の先生、マスコミから流れている様々な情報。

「あなたの能力は無限大です。もっといろんなことが出来るのです」
たぶん、これが真実です。

でも、なんか宗教の人が言いそうですね。

人々は、自分で自分に狭い限界を作っています。
いままで生きて来た過程の中で、
いろいろ言われ続け、
信じ込んでしまったのです。

そこから脱却することは、とても難しいです。
でも、手段がないわけではありません。

「恥ずかしい」とか「後ろめたい」とかの感情は、
どこから来ているのでしょうか?

視線です。人の視線が気になるのです。
世間体が気になるのです。
日本社会は、視線社会です。

人にはやりたいことがあります。
そして、やることには、大きな「勇気」が必要です。

その「勇気」とは何でしょうか?

私は、目を瞑って、一歩前に出ることだと思います。
他人の意見などをシャットアウトします。

一歩前に出ると、直接的な問題が発生します。
それを解決して行きます。
すると、小さな成功体験をします。

この小さな成功体験がとても大切です。

小さな成功体験を繰り返すことによってのみ、
人は進化するのだと思います。

「成功ばかりではなく、失敗もあるだろ」という意見もあります。

実は、失敗なんてないのです。
失敗と思われたことは、実は成功への1ステップに過ぎないのです。

主題と話題がそれてしまいました。

人を操るテクニックでした。

正直、自分も満足に操れないのに、
他人を操るなんて、と思います。

ても、こんなテクニックがあるのでご紹介します。

あなたは、Aさんにタバコを辞めてもらいたいと思っています。
Aさんに話しても、相手にしてくれません。

そこで、Aさんに、こんなお願いをします。

「Bさんはお医者さんにタバコを強く止められているのだけど、聞いてくれなくて。
Aさんから説得してもらえないかしら」

Aさんは、いろんな理論を引っ張り出して、
Bさんにタバコを辞めるように説得します。

そして、説得している最中にAさんは、
自分の言葉によって自分に催眠をかけてしまいます。

自分の言葉以上に強烈な洗脳はありません。

いつの間にか、Aさんはタバコを辞めたくなっていました。

人は、なかなか一歩が出ません。

もし、身近にそのような人がいたら、
そっと、後ろから、押してあげてください
そんな人になってください。












nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。